ホワイトニングは歯科でできる|口腔内ピッカピカ

看護師

隅々までお手入れできる

女性

歯のケアを怠ると、歯周病の疑いが出てくるので、最悪骨が溶け歯を失う可能性が高くなります。予防歯科に力を入れる歯科医院も年々増えていますから、虫歯や歯周病のリスクも定期的なケアで防ぐことができます。予防歯科では、まずデンタルフロスを使ったケアを伝授します。もちろん、虫歯や歯周病の方は歯磨きの仕方を根本的に間違えている可能性があるため、予防歯科では資格を持つ歯科衛生士が側にたち、正しいブラッシング法を指導していきます。その時に歯間ブランやデンタルフロスの使い方を丁寧に教えてくれるので心配はいりません。自宅ケアに取り入れることで、口臭のない綺麗な歯を手に入れることができますから、覚えておいて損することは一切ないでしょう。

歯医者も推進するデンタルフロスも、店頭で普通に購入できる程浸透しています。最近は、カラー付きのデンタルフロスの登場しており、女性にも大変人気を集めています。これなら楽しく歯のケアを行なうことができるでしょう。一方、デンタルフロスが歯医者で推進されている理由に、歯ブラシでは届かないケアが簡単に出来ることです。初心者も使いやすい歯間ブラシも、歯間に詰まったカスの除去に最適ですが、歯茎を傷つける恐れがあるため注意が必要です。しかし、デンタルフロスは使われている糸が歯茎に優しい上に、歯の表面をなぞるように掃除ができるので、歯間ブラシのように傷めつけずに効果的に汚れを除去することが可能になります。とは言え、2つ使うことでより効果的なケアができますから、正しい使い方を身に付け、口腔内を清潔にしていきましょう。